スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「WHITESNAKE」/WHITESNAKE

今回はWHITESNAKEの大ヒットアルバムのご紹介です。アルバムタイトルはない…というかWHITESNAKEの表記しかないんです。それでか何故か日本版には邦題がついています。

「サーペンスアルバス~白蛇の紋章」です。何かこの表記の方がしっくり来るのは昔からCD聴いてた世代だからでしょうか。因みに「サーペンスアルバム」と間違われることも結構あるみたいですけど、「アルバス」だ正しいようです。ALBUSとは白いと言う意味で、
「WHITESNAKE≒SURPENSALBUS」と言ったところでしょうか。

このアルバムは、間違いなく名盤です。でも何故か僕の周りでは人気無くて、僕しか好きな人いなかったんだよなあ…。

サーペンス・アルバス ~白蛇の紋章~サーペンス・アルバス ~白蛇の紋章~
(1988/09/30)
ホワイトスネイク

商品詳細を見る


このホワイトスネイクというバンドは中心人物=ボーカリストの「デビッド・カバーデイル」(通称デビカバ)がいれば成り立つバンドでして、彼を取り巻くバンドメンバーによってそのときの色が変化します。

ホワイトスネイクを知ったのはこのアルバムからなので、「昔の」ホワイトスネイクを知らない世代です。ですのでえらそうなことはかけませんが、昔からのファンの方にはこのアルバムは不評と言うことです。それは、もともとのホワイトスネイクの持ち味が損なわれた、と捉えられているようです。

まあ、言ってしまえばこのアルバムはかなりゴージャスなつくりになっています。昔のシンプルなブルージーロックからしたらどうか、と言うことでしょう。それもこれもギタリストが派手に弾きまくっていたのが原因の一つではないでしょうか。

にほんブログ村 音楽ブログへ

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : 洋楽CDレビュー - ジャンル : 音楽

「Master Of Puppets」/METALLICA

今回はメタリカの「Master Of Puppets」です。日本版ではなぜか「メタル・マスター」となっていますね。
このシリーズでいくのかと思いきや、次の「メタル・ジャスティス」で打ち止めとなっています。もっとも、次のアルバム名は「Metallica」だったから、仕方ないのでしょうけど。僕らの周りでは「マスター」と呼んでましたが、「メタルマスター」と呼ぶ人もいたようです。そっちの方が一般的だったんでしょうか。

メタル・マスター(紙ジャケット仕様)
(2006/08/09)
メタリカ

商品詳細を見る


アルバムとしては①Battery②Master Of Puppets、とりあえずこの2曲で元は取れると言い切れるアルバムです。昔、HRよりでHMには抵抗があった僕ですが、②の間奏を聴いて聴かず嫌いだった事を後悔したものです。①は永遠のメタル・アンセムとしてこれからも語り継がれるでしょう。
①のイントロは比較的静かに始まるのですが、そこから本編のリフに行く展開は何度聴いてもゾクゾク
します。そして続く壮大な②の「Master~」は、先にも書いたとおり組曲のような展開となっています。
スラッシュメタルといえばシンプルで攻撃的、と言うのが一般的だったのですがこの曲でメタリカは
叙情性・ドラマ性を盛り込んだと言えるでしょう。

もちろん、⑧Damage.incの様に攻撃的な曲もしっかりあります。
しかしこのアルバムは、ただうるさいだけのアルバムだけではありません。HM=うるさい曲と、思っている人にこそ聴いてもらいたいアルバムですね。


にほんブログ村 音楽ブログへ

続きを読む »

テーマ : 洋楽CDレビュー - ジャンル : 音楽

TRILOGY/Yngwie Malmsteen

僕はあんまりインギー聴きません。でもこのアルバムだけは聴きます。つーかかなり聴きました。

と言うわけで今回は「速弾きギタリスト」の名前を一般化した(?)イングヴェイの(個人的)名盤のこのアルバムです。

トリロジートリロジー
(1998/12/23)
イングヴェイ・J・マルムスティーン

商品詳細を見る


僕はインギーはかなり後追いでした。というのも当時の僕はストラトキャスター(ギターの種類です)に魅力を感じてなかったんですよね。だからといって聴かないのは非常に勿体無かったです。

イングヴェイの一般的名盤ってどれかは判りませんし、正直全アルバムを聴き込んだわけではないのですがこのアルバムに関しては名盤と言っていいんじゃないでしょうか。このアルバムはレコードでバイト先の先輩に借りたんです。で、1曲目の「ユー・ドント・リメンバー」(日本版はこう表記している)から来ました。実はインギーではなく、マークボールズ(Vo.)に。

続きを読む »

テーマ : 洋楽CDレビュー - ジャンル : 音楽

「Slave To The Grind」Skid Row

SkidRowのアルバムをお勧めするなら1stやろ!と言う声が聞こえてきそうですが、今回は2ndの「Slave To The Grind」にします。なぜかは後から判ると思いますが…。

Slave to the GrindSlave to the Grind
(1994/06/17)
Skid Row

商品詳細を見る


正直に言えば、アルバム全体の出来で言えば1stの方が良いと僕も思います。SkidRowを未聴の方は1stを手にとられた方が良いと思います。

Skid RowSkid Row
(1994/06/17)
Skid Row

商品詳細を見る


とにかく1stの時は変な偏見が先行していたようです。それというのもレコード会社はSkidRowをBonJoviの弟分として売り出そうとしていたようで、さらにVo.が美形と言うのもこの点ではマイナスだったようです。だから一部ではアイドルグループの様な扱いを受けたようで…。これは以降もひきずり(特にVo.)事あるごとにBon Joviを敵視していくのですが…これはまた別の機会に。

このアルバムは意識したと思いますが、キーボードなどの装飾は殆ど無く、作りこまれているとはいえ荒々しいサウンドが特徴です。1stはキャッチーで、POPとさえいえる曲もありましたがこのアルバムではそういったPOPな要素はかなり薄いです。むしろ前に出ているのはHM然としたサウンドでしょう。

もともとレイチェルボラン(B)がリーダーであり、パンクを中心とした音楽性を持っていたので基本路線は変わらないのですが、これはHRではなくもはやHMでした。だから未聴方でHMにあまり免疫の無い方だと苦しいかもしれません。とはいえ、⑤「Get The Fuck Out」、や⑩「Riot Act」などストレートなHR曲もあります。

シングルカットされた①「Monkey Bisuiness」、多分これからもセバおのライブの1曲目であろう②「Slave To The Grind」、印象的なベースラインの⑤「Psycho Love」など印象に残る曲も多いですが、前編名曲そろいではないかもしれません僕も最初は全編は聴かないことが多いです。

このアルバムにはバランスよく3曲バラードが配置されているのですが、これがまた珠玉の出来で…はっきり言ってこの3曲(2曲か)を聴くために買っても(レンタルしても)損は無いと思います。特に④「Quicksand Jesus」と⑫「Wasted Time」は自分の中ではSkidRowどころかHMバラードでも未だに上位に君臨し続ける超名曲です。

それもこれもVo.であるセバスチャン・バックのまさに鬼気迫る歌唱があるからであると思います。このアルバムは彼無くしては出来得なかったアルバムと思うのです、そしてだからこそ1stよりも大好きなんですが。

続きを読む »

テーマ : 洋楽CDレビュー - ジャンル : 音楽

「Fair Warning」/Fair Warning

今回のアルバムはFairWarningのデビューアルバムです。1992年発売、ということはもう15年以上前ですか。でもそんなことどうでもいいです、いいものはいつまで経っても良いと言うことを実証するアルバムです。ハードロック好きでこのアルバムを知らないのならば、人生損してますと言い切れるアルバムです!!…きっとそうです(笑)

fairwarning


このアルバムはあえて言うなら欧州メロディアスハードロックになるのでしょうか。欧州というともっとキーボードがフューチュアされてそうですが、このバンドは正式メンバーにはキーボーディスとがいないことからも、もっとハードロックよりな音楽を演っています。世の中でも一貫してあることにこだわって作られています。それは良いメロディであることです。そのメロディの質は半端ではありません。

もともとこのバンドはZENOというバンドが母体になっています。このZENO自体が良いメロディ満載の名盤を作ったバンドなんですがそこからリーダーのジーノ・ロートが脱退してしまいます。そして残ったバックミュージシャン(?)が集まって出来たのがこのバンドなんですね。

もともと「スターになる」なんて思わなかったのかどうかはさておき、メンバーは職人として徹しているかのように、とにかくきっちり仕事をしてます。実際、リーダー格(?)のウレ・リトゲン(B)は後にインタビューで「良い曲をプレイするのに、派手なプレイは必要ない」と言い切っています。これがこのバンドの全てでしょう。故にプレイヤー系のリスナーからは注目を集めなかったのですが、純粋なリスナーからは絶大な支持を集め、当時の某B!誌ではブライテストホープに輝いています。

このメロディは日本人であるなら間違いなく惹かれるものです(逆にドイツではあまり惹かれなかったそうです…)。ライブでは故坂本九さんの「上を向いて歩こう」を歌ったりしてましたが何の違和感もありませんでした。とにかく、ちょっともの悲しいメロディが好きなら絶対にお勧めです!

続きを読む »

テーマ : 洋楽CDレビュー - ジャンル : 音楽

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。