スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「WHITESNAKE」/WHITESNAKE

今回はWHITESNAKEの大ヒットアルバムのご紹介です。アルバムタイトルはない…というかWHITESNAKEの表記しかないんです。それでか何故か日本版には邦題がついています。

「サーペンスアルバス~白蛇の紋章」です。何かこの表記の方がしっくり来るのは昔からCD聴いてた世代だからでしょうか。因みに「サーペンスアルバム」と間違われることも結構あるみたいですけど、「アルバス」だ正しいようです。ALBUSとは白いと言う意味で、
「WHITESNAKE≒SURPENSALBUS」と言ったところでしょうか。

このアルバムは、間違いなく名盤です。でも何故か僕の周りでは人気無くて、僕しか好きな人いなかったんだよなあ…。

サーペンス・アルバス ~白蛇の紋章~サーペンス・アルバス ~白蛇の紋章~
(1988/09/30)
ホワイトスネイク

商品詳細を見る


このホワイトスネイクというバンドは中心人物=ボーカリストの「デビッド・カバーデイル」(通称デビカバ)がいれば成り立つバンドでして、彼を取り巻くバンドメンバーによってそのときの色が変化します。

ホワイトスネイクを知ったのはこのアルバムからなので、「昔の」ホワイトスネイクを知らない世代です。ですのでえらそうなことはかけませんが、昔からのファンの方にはこのアルバムは不評と言うことです。それは、もともとのホワイトスネイクの持ち味が損なわれた、と捉えられているようです。

まあ、言ってしまえばこのアルバムはかなりゴージャスなつくりになっています。昔のシンプルなブルージーロックからしたらどうか、と言うことでしょう。それもこれもギタリストが派手に弾きまくっていたのが原因の一つではないでしょうか。

にほんブログ村 音楽ブログへ

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : 洋楽CDレビュー - ジャンル : 音楽

「Master Of Puppets」/METALLICA

今回はメタリカの「Master Of Puppets」です。日本版ではなぜか「メタル・マスター」となっていますね。
このシリーズでいくのかと思いきや、次の「メタル・ジャスティス」で打ち止めとなっています。もっとも、次のアルバム名は「Metallica」だったから、仕方ないのでしょうけど。僕らの周りでは「マスター」と呼んでましたが、「メタルマスター」と呼ぶ人もいたようです。そっちの方が一般的だったんでしょうか。

メタル・マスター(紙ジャケット仕様)
(2006/08/09)
メタリカ

商品詳細を見る


アルバムとしては①Battery②Master Of Puppets、とりあえずこの2曲で元は取れると言い切れるアルバムです。昔、HRよりでHMには抵抗があった僕ですが、②の間奏を聴いて聴かず嫌いだった事を後悔したものです。①は永遠のメタル・アンセムとしてこれからも語り継がれるでしょう。
①のイントロは比較的静かに始まるのですが、そこから本編のリフに行く展開は何度聴いてもゾクゾク
します。そして続く壮大な②の「Master~」は、先にも書いたとおり組曲のような展開となっています。
スラッシュメタルといえばシンプルで攻撃的、と言うのが一般的だったのですがこの曲でメタリカは
叙情性・ドラマ性を盛り込んだと言えるでしょう。

もちろん、⑧Damage.incの様に攻撃的な曲もしっかりあります。
しかしこのアルバムは、ただうるさいだけのアルバムだけではありません。HM=うるさい曲と、思っている人にこそ聴いてもらいたいアルバムですね。


にほんブログ村 音楽ブログへ

続きを読む »

テーマ : 洋楽CDレビュー - ジャンル : 音楽

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。