スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Slippery When Wet」BON JOVI

初めての記事、と言うことで何を書こうかと迷いましたが、迷ってても何も進みませんので書くことにしました。そのうち書き直すかもしれませんね。
slippery

このCDは初めて買った、いやレンタルしたCDです。中学生のときに友人から、この次のアルバムの「New Jersey」を借りたんですが、当時聴きたかった曲はありませんでした。それがこのアルバムに収録されている「Livin’On A Prayer」なんです。これはSANYOのCMに本人出演(!)で出ていた時の曲で、サビの部分のキャッチーさに惹かれたものです。

そう、このアルバムはキャッチーでありながら程よくハード、を実現できた稀有なアルバムなんです。ヒットし、さっきの「Livin’~」以外でも今でも代表曲として取り上げられる曲でも、「You Give Love A Bad Name(邦題:禁じられた愛)」「Wanted Dead Or Alive」「Never Say Good Bye」「Wild In The Streets」などたくさんあります。

僕の好きな曲は、「Livin’~」はもちろんですが、アルバム後半の曲である「Raise Your Hands」「Without Love」そして「I’d Die For You」の3曲です。他の曲もいい曲なんですが。

この頃の曲は今よりキーボードを多用していると言うか、ロックとポップスのブレンド感が絶妙なんですよね。AOR(産業ロック)までは行かないにしても、聴きやすい部類のアルバムであることに間違いは無いでしょう。それが純粋な「HR/HM」ファンには敬遠された理由とは思いますし、昔は僕も持ってるのを黙ってたりしました(笑)が、良い物はいい!と言うことでBONJOVI知らない方、知ってるけどこのアルバムは未聴の方、最近HRに興味持ち始めた方、興味の無い方まで、聴いてみる価値は大いにあり!のアルバムですね。
slippery2

余談ですが、アルバムタイトルは「Slippery~」なんですが、日本盤は何故か「ワイルド・イン・ザ・ストリート」になっています。何故なんでしょうね。しかも「ストリート」じゃなくて「ストリーツ」と思うのですが…。もう一つおまけ!輸入盤はジャケットが違います。これは本国で「エロ過ぎる」と言うことで差し替えられたんだそうです。確かに、中学生のときは少し借りるのが恥ずかしかったかも…(笑)

このアルバム、何度も再発されています(今は紙ジャケのはず)。人気バンドだからそうなんでしょうが、たまに限定盤と言うことで「おまけ」がついてたりします。

DVDがついてたりしてたこともありますが、僕が持っているのは2枚組みCDです。本編はリマスターされており、音が前面に出てきたように感じます。そしてボーナスCD、これは過去のライブ音源やアウトテイク(ボツ曲ということです)など7曲入ってて意外とお買い得でした。

「Livin’~」は実は別に持っている海賊盤と同じでしたが…(笑)

これを聴いて思うのは、ジョンも昔は高音でてたんやなあ…という事です。ライブCDの「One Wild Night」の「Livin’~」は高音を歌っていない(サビはリッチーが歌ってます)し、Aメロからして声のハ
リが違います。今のほうが円熟味があるという見方も出来ますが、僕はこの頃のジョンのほうが好きですね。

そして、逆にリッチーの声がまったく衰えていない、むしろそのまま上手くなっていることに驚愕します。そういう観点でこのアルバムを聴くと、リッチーの貢献度はかなりのものだったのだな…。と関心しきり。

ちなみにこのリッチー・サンボラ、BONJOVIではコンパクトなソロを披露しており、ギター雑誌からはあまり注目されにくいのですが、この人はとんでもなく上手いのです。「ザ・ギターズ」というアルバムがありまして、そこで聴けるプレイはすごい物です。以前のインタビューでWingerのレブ・ビーチが、

「(リッチーが)Wingerはいいよなあ、ギターソロをたくさん弾けて。俺なんかちょっと弾いたらもう、「Oh~Livin’On A Prayer~」ってくるんだぜ(笑)」


この人はきっといい人なんでしょうね。

なんにせよ、このアルバムは成功し、以後BONJOVIは快進撃を続けました。このアルバムはビルボードで8週連続1位を記録したのです。そして「Wanted Dead Or Alive」のヒットで、MTVはアンプラグドな方向へ…と以後のロックの歴史にも少なからず影響を与えたこのアルバム。やっぱりすごいんですよね。
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽CDレビュー - ジャンル : 音楽

comments

No title

リッチー談には笑いましたwww
でも、、、そういった妥協がないとこんなに長くバンドを続けていけないんでしょうね~(笑)

No title

おじメタさん>訪問してくれてたんですね、ありがとうございます!
今まで書けなかったメタルネタもココなら解禁(笑)ですのでぼちぼちやっていきます。

BONJOVIである以上、ジョンを立てないといけませんからねえ。反町とのPOISONにしろ、絶対良い人なんでしょう。

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。