スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Slave To The Grind」Skid Row

SkidRowのアルバムをお勧めするなら1stやろ!と言う声が聞こえてきそうですが、今回は2ndの「Slave To The Grind」にします。なぜかは後から判ると思いますが…。

Slave to the GrindSlave to the Grind
(1994/06/17)
Skid Row

商品詳細を見る


正直に言えば、アルバム全体の出来で言えば1stの方が良いと僕も思います。SkidRowを未聴の方は1stを手にとられた方が良いと思います。

Skid RowSkid Row
(1994/06/17)
Skid Row

商品詳細を見る


とにかく1stの時は変な偏見が先行していたようです。それというのもレコード会社はSkidRowをBonJoviの弟分として売り出そうとしていたようで、さらにVo.が美形と言うのもこの点ではマイナスだったようです。だから一部ではアイドルグループの様な扱いを受けたようで…。これは以降もひきずり(特にVo.)事あるごとにBon Joviを敵視していくのですが…これはまた別の機会に。

このアルバムは意識したと思いますが、キーボードなどの装飾は殆ど無く、作りこまれているとはいえ荒々しいサウンドが特徴です。1stはキャッチーで、POPとさえいえる曲もありましたがこのアルバムではそういったPOPな要素はかなり薄いです。むしろ前に出ているのはHM然としたサウンドでしょう。

もともとレイチェルボラン(B)がリーダーであり、パンクを中心とした音楽性を持っていたので基本路線は変わらないのですが、これはHRではなくもはやHMでした。だから未聴方でHMにあまり免疫の無い方だと苦しいかもしれません。とはいえ、⑤「Get The Fuck Out」、や⑩「Riot Act」などストレートなHR曲もあります。

シングルカットされた①「Monkey Bisuiness」、多分これからもセバおのライブの1曲目であろう②「Slave To The Grind」、印象的なベースラインの⑤「Psycho Love」など印象に残る曲も多いですが、前編名曲そろいではないかもしれません僕も最初は全編は聴かないことが多いです。

このアルバムにはバランスよく3曲バラードが配置されているのですが、これがまた珠玉の出来で…はっきり言ってこの3曲(2曲か)を聴くために買っても(レンタルしても)損は無いと思います。特に④「Quicksand Jesus」と⑫「Wasted Time」は自分の中ではSkidRowどころかHMバラードでも未だに上位に君臨し続ける超名曲です。

それもこれもVo.であるセバスチャン・バックのまさに鬼気迫る歌唱があるからであると思います。このアルバムは彼無くしては出来得なかったアルバムと思うのです、そしてだからこそ1stよりも大好きなんですが。
ちなみにSkidRowファンはセバスチャンを「バズ」と呼ぶのですが、僕の周りでは誰も呼ばず「セバお」と呼んでました(何様だ)。だから以下「セバお」で書きます。

この「セバお」、さっきも書きましたがとんでもなく美形で、だからこそアイドル然とした人気があったのですが皮肉なことに、だからこそ人気が認められにくかったようにも思います。HMファンというのはメジャー臭というのを嫌う傾向がある(と思う)んですよね。でも実際は超ハイパーな男くさい人物で、生き方もワイルド。(それがメンバーとの確執を産むわけですが…)

でも彼の歌唱はまさにスクリーム。1stの頃もよく聴けばそんな感じなんですが2ndでそれは爆発的に進化します。セバおはちゃんとボイストレーニングをこなしていたとインタビューで語っていましたし、腹式呼吸を心がけているとも語っていました。その特徴は繊細さよりも魂込めた歌唱というにふさわしい、まさに咆哮でした。それはライブで聴ける歌唱によく表れてましたが、CDではもう少し繊細に歌っています。

その咆哮で④「Quicksand Jesus」は名曲となり得ました。ラストのサビ~エンディングは何度聴いても鳥肌が立ちます。結局ライブで聴くことが出来なかったのが残念です。「In The Darkend Room」よりも、この曲を演ってほしいのですけどね。

余談ですけど、僕は海賊盤で「Slave~」のアウトテイクというのを持っています。ボツ曲やデモ曲の集合なんですが、もちろん本編よりいい出来ではありませんがなかなか興味深いです。特にもっとシンプル(?)な「Wasted Time」や逆にもっとコーラスアレンジのある「Psycho Love」とか。ボツ曲もいい感じで、確かベスト盤にも入ってたと思いますが、「Walk with A Stranger」とか言う曲。この曲は未だに紹介されて無いと思うんですよね。いい曲なのにな…。

さらに余談ですがこのアルバムジャケ、セバおが異常なまでの格好良さです。僕の中では1番で、こんな風になれたらなあ…といつも思っておりました(笑)



スポンサーサイト

テーマ : 洋楽CDレビュー - ジャンル : 音楽

comments

No.1

このアルバムはビルボード初登場1位を取ったんですよね!!
素晴らしい曲が数曲あるんですが、捨て曲もありますよね(^^ゞ

個人的には、、ハードロックで突っ走る1stが大好きですw

No title

おじメタさん>中盤がダレますよね(笑)

本文読んでもらって判ると思いますが僕はセバおファンですので、セバお色の強いこっちも好きなんです。もちろん1stは捨て曲無しの名盤と思ってます!いいですよね、1st。

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。